カテゴリー「趣味」の3件の記事

2009年5月 5日 (火)

屋根より低いけど、♪こいのぼり♪

M2_001 別に我が家に男の子はおりませんが、MⅡの初節句とゆーことで購入。
日本広しといえど植物のためにこいのぼり買うのはうちくらいなもんでしょう(笑)。
2年前の11月に私が萎びたセイロンベンケイソウの葉っぱもらってきて、戯れに水につけたところ数本の芽が出、その時は特に愛着もなかったのでビニールで鉢を覆っただけで冬の間外にだしっぱにしてたのに、春まで生き残った根性あるのが今の2本。
なので正確には今年初節句じゃないんですが、MⅡと名をつけ、愛情を持って育てるようになってからは初節句なのでまぁいいかなと。
昨年の冬、家の中に入れたときは65cmだったのに、今は90cmもあります。普通セイロンベンケイソウは15℃以下で成長が悪くなり、10℃以下で枯れる危険性があるのに、25cmも伸ばすなんていかに私と母が手をかけ甘やかしまくったか分かろうというもの(笑)。
Seiron_001 ニンゲンサマが暖房費節約で寒さに震えていようとMⅡはしっかり暖めてましたもの~。
セイロンちゃんは通常葉から芽が出るそうですが、うちのはなんか根元からもどんどん小さい芽が出てきてます・・・。えーと、もうこれ以上他の子が育つスペースないよ?
小さい子が手を大きく広げて上に突き出しているような、母親にだっこをねだっているような、そんな感じで葉を伸ばしてます。
「おかしゃ、おかしゃ(お母さん)」って言ってるように、私には聞こえます。愛いやつ愛いやつヾ(^-^*)ヨシヨシ
母も話しかけてくるのが聞こえるそーな。寝ていると(母の部屋に置いてある)「僕もー!僕もー!」とカーテンの隙間の太陽光を奪い合う声が聞こえて、朝早く起こされるんだそうです(笑)。
でもこの子は基本的にはおとなしいのでこちらの言うことは黙って聞くし、口答えなんか一切しない、とゆーのが母と私の一致した見解。
M2_002 男はカバチ・ネンゴをたれない(口答え・言い訳をしない)のが一番です。←実感を込めて
母と私の愛情を一身に受けてすくすく育つMⅡ。沖縄なら雑草扱いでチュインチュイン刈られちゃうというのに・・・良かったね、我が家に来て。
週の平均最低気温が10℃越えたので、そこそろベランダに出そうと思ってます。
夏には2m越させてみせます♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月30日 (月)

人参盆栽

Nin 腰痛めてる間の慰めでした~。
母が「TVでやってた」と始めたキッチンガーデニングとやらなんですが、毎日少しづつ茎が伸びてきて小さい葉が広がってきて緑が濃くなっていくのを見ていると、あ~~癒されます・・・。
自分が腰が曲がってたこともあり、ピン!とした姿が羨ましかったり(笑)。
Nin_0021枚目が3日目、2枚目が1週間、3枚目が2週間くらいです。
もうここまでくると根の栄養分がなくなったのか、成長速度が落ちてます。
「液肥入れてあげようか」と母に言ったら「これ以上MⅡ(我が家のセイロンベンケイソウの名前)を増やさなくていい」と言われました(^-^;
Nin_001駄目になってきたら、葉っぱだけでもサラダにして供養してあげるつもりです。♪私の子供になりなさい♪(by中島みゆき)じゃないですけど、私の身にしてあげます。
こんな小さくても命に溢れていて、光合成だってしてるんだよね、元気だね・・・。
う~なんかシミジミ。
転がってる場合じゃないです。私も早く元気印の健康体にならねば!

先週の土曜ワイド劇場「おかしな刑事(5)」
矢島健一さん演じる上野刑事局長は1シーンのみのご登場でしたが、直前まで出演されるのか分からなかっただけに、いや~嬉しかったです!
羽田さんに嫌味を言うためにわざわざデスクからソファーに移動し足を組む、とゆ~このシリーズ上での上野刑事局長のお約束は健在(笑)。
ただし今回は怒鳴りつけることはなく、羽田さんに嫌がらせをしたつもりで実は捜査の手助けをしていました。上野刑事局長・・・精神的に大人になられたんですね!! ←おい
「兵隊にも熱い血は通っています」という羽田さんを青臭いと切り捨てるさまは「RESCUE」の本間本部長のようでもあり、あぁ!いい!素敵っ!! やっぱ矢島さんはこの手のキャリア官僚をやらせたら日本一ですっ!!\(*≧m≦*)ノ
「優秀な指揮官殿の下で働きたいでアリマス! ビシッ!<(>▽<*)o」とTVにむかっておもわず言いそうに(苦笑)。 暑っ苦しい血が通ってるから嫌がられるな、きっと(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月27日 (月)

強化週間

右手がどうも冷えます。
両手でキーボードを打っている時はそんなに気にならないのですが、右手をずっとマウスに置いているととても冷たくなっています。熱が取られているのでしょうか。夏はひんやりして冷たくて気持ち良い~とか思わなかったのですが。
とりあえず、身体の温かい部分に押しつけて温めたりしていますが、びっくりするほど冷たくなっています。手が冷たいと上手く動かなくてキーボートも打ち難いので、手袋でもして保温しようかと思うのですが、それもまた打ち難そうです。どうしたものか。

さて今日はお休みだったのですが、朝から冷たい雨がしとしと降っていたので一切外出せず、一日借りてきたビデオを見ていました。
今週の木曜日に待望のゲームソフトの続編「サモンナイト4」が、土曜日に「Wii」が発売される為、それ以降はゲーム一色の日々となりそうなので、今のうちに矢島健一さんの出演作品をしっかり見ておこうというわけです。
見た作品が増えていくと、思わぬところで「あ!これがあの作品のモトネタだったのか~!Σ(◯o◎;)」とか「これとあれって似てるなぁ・・・でもこっちの作品の方が先だから、この頃からこういう役の演技の仕方というか型みたいなのは固まっていたわけか」とか「一連の動きだけで、姿が完全に映っていなくても矢島さんだと分かるなぁ~( ^-^)」とか、いろいろと思うことが多くておもしろいです。
特に、他の作品で似たような設定の役をされていたりすると、「あのときはこんな感じだったけど・・・」と、それを頭に思い浮かべつつ見たりします。共通の出演者がいたりするともっとおもしろいです。
そうそう、12月24日(日)にWOWOWのドラマW枠で「神様からひと言」という作品が放送されるのですが、予告動画を見る限り、どうも矢島さんはお客様相談室にクレームをつけてくる人の役みたいです。そしてその対応にあたるのが陣内孝則さんなのですが、この構図、どこかで見た覚えがあります。そう、「カバチタレ!」と似ています。「カバチタレ!」では、矢島さん演じるコンビに客が「俺の5万返せ!」とクレームをつけてくるのですが、それを法律上無理だと説明して言い負かして追い返すのが行政書士役の陣内さんなのです。今回の陣内さんは食品会社のお客様相談室に所属する社員なのですが、関係性だけ見ると似ています。今回も矢島さんはむちゃくちゃなクレームをつけてそうですし、叫んでいるシーンがある(予告編しか見ていないので確かではありませんが)のも似ています。
ちなみに「カバチタレ!」は2001年の作品なので5年前ということになります。5年経ってどういうふうに変化しているのか、またどこは変化していないのか、その点を注目して見てみるのもおもしろいかもな~と思いました。うちで映ればの話ですがミ(ノ;_ _)ノ=3 たぶんノンスクランブルじゃないと思うのでリアルタイムでは見れなさそうですが、ドラマWはDVD化されること多いので、駄目ならそれで見るつもりです。
他にも、矢島さんは私が調べた限りでは刑事役が一番多いのですが、30代・40代・50代と年を経るごとにどう演じ方が変わっていくのかとか、階級ごとにどう演じ分けられているのかとか、ある程度出演作品を見終わったら比較してみたいです。
って、なんか変なところにばかり着目して見ているような気もしますが、まぁこんなヤツがひとりくらいいてもいいでしょう<(; ^ ー^)
さて、明日も仕事前に見て行こうっと。・・・感想も2時間こねくり回した挙句書けてないしなσ(^_^;)

ところで、ひっさしぶりにアクセス解析の「検索フレーズ/ワード」を見たのですが、上位20個がほぼ「暴大」と「サモンナイト4」関連でびっくりしました。
あんなほぼ合格不可能な試験に関心を持っている人がこんなにいるとは・・・。鬼ゲー好きな方って日本にもけっこういるのですね。本当にむちゃくちゃですもん、あの試験。「合格したぞ!」という方がもしいらっしゃいましたら、何かコメント付けていって頂けると嬉しいです。尊敬します。
「サモンナイト4」は、タイトル以外にもキャラクター名を入れて検索している物が多く、そのキャラ名にd(>_< )Good!!となりました。イオス君とかスバル君とかパナシェ君とか、正式には登場が発表されていない、シリーズの過去の出演キャラなのです。あの一枚絵に描かれているアノ姿を見て、ヽ(´▽`)ノイオス君~♪と思ったのは私だけではないという事です、嬉しいなぁ。やっぱり登場するのでしょうか?正式発表されているだけでも2人、怪しいのが一人(シャオメイって絶対メイメイさんでしょ。時空転移で力を使いすぎて縮んだ?)います。もし当たっていると良いなぁと今から楽しみです。特にスバル君は、最初はただのわんぱく・いたずらっ子かと思っていましたが、ストーリーが進むにつれて芯の強い部分が見えてきて、、「母様(かあさま)を守りたいんだ!もう父様(とうさま)のお墓の前で泣いている母様を見たくないんだ。」と、親想いな一面が見えてきて、仲間加入イベントでの「オレだって戦える!」ことを証明すべく倒されても倒されても起き上がって立ち向かうその姿に目頭が熱くなりました。イオス君は最初主人公側と敵対し何度も戦闘になるのですが、彼には彼なりのゆずれない理由がちゃんとあって、それを知ったときはまた彼を好きになりましたし・・・。両者とも加入時期が遅すぎて、無限回廊等で育て上げれば一軍使用は可能ですが、エンディングを見ようと思うならよっぽど序盤から計算して夜会話をこなさないと無理なキャラです。実際私も失敗していますし(;= =)..(←浮気厳禁!)。今作はわりと早い時期に加入してくれると良いなぁと思います、後半でも今作は落としますけど♪

最後までありがとうございました。
でわ、おやすみなさい~ ̄ー ̄)ノ)))))))) ブンブン

| | コメント (4) | トラックバック (0)