« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

2013年5月の4件の記事

2013年5月30日 (木)

ハイビスカスってどんな匂い?

Bachan_005先日、おばあちゃんの誕生日だったので、様子見がてら、行ってきました。
84歳( Д) ゚ ゚ になるのですが、ばりばり元気で、雨の日以外は毎日畑に行き、原付にも乗っています。
30kgの牛糞(|||ノ`□´)ノファイトオオオォォォー!!
(↑畑の肥料。鶏糞の10倍以上と値が張りますが、効果はバツグン!だそ~です)
も、私は持ち上げることすら出来ないのに、おばあちゃんは背に乗せて、ひょいひょい坂を上がって行きます・・・。恐るべし!ばーちゃん!!
白髪も綺麗に黒く染めていて、70そこそこにしか見えません。
写真を撮ってあげようとしたら「もうばあさんじゃけぇ・・・(=´Д`=)ゞ 撮らんでえぇえぇ!ヾ(´ε`*)ゝ」と、恥ずかしがって、どうしても撮らせてくれませんでした。気持ちも乙女です(笑)。
花を育てるのが好きな人なので、5~10月まで次々に花を咲かせる、と書かれていた、ハイビスカスをプレゼントしました。
お世辞でしょうが、「ちょうど欲しいと思っていた花なんよ」と言ってくれて、私も嬉しかったです。
後ろの青い鉢に植え替えるそうです。 あんまりでっかくなっちゃうと、冬に室内に入れるとき大変そうですが、まぁ、手伝いに来ようと思ってます(↑的に、役に立たないかも;)
これからも、元気で長生きしてほしいです。 そして、敬老の日の市長訪問では、喋りまくって市長を困らせ苦笑いさせる絵が、ローカルTV・新聞にばっちり掲載されたらいいな~と思います(笑)。 あと17年か。私のほうが生きてないかも(゚ー゚;

♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:

Bachan_018夏みかんの花咲く季節となりました。
深~~い甘さの中に爽やかさがあって、すごく良い香りです。
市販のシトラスの粉っぽい香りとは全く違います。
風に乗って拡がり、漂い、1本あるだけで、すっごく心地よい空間を作ってくれています。
直接クン(@ーωー)))クンするより、周囲の空気のほうがイイ匂いな気がするのは、なぜでしょう?
帰宅途中にもあって、夜の香り空間はミステリアスさも加わって、最高です♪ その路地に入ると、仕事の疲れがふぅ~~っと抜けていき、上司へのイライラも少し静まります(^-^;
まだまだ散らないで、咲いていて欲しいです。
シトラスといえば、しまなみ海道。今ごろ柑橘類の花が咲き乱れて、それはそれは好い薫りでしょうね~~~o(*^▽^*)o あ、除虫菊もまだギリ咲いているのかな?
いっぺんサイクリングで制覇してみたい!と思っています。昨年から思っていて、今年も無理なんですが・・・(;´д`) あ~~忙しない日常を離れて、のんびり旅行がしたいよー。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年5月22日 (水)

もし私がペンギンだったら

Dscn4987朝、鼻詰まりで目が覚めました。
ラジオのお天気コーナーで、「今日は大量に黄砂が飛んでくるので、アレルギーの方はお気をつけください」と言っていて、納得。
はい、飛んでます。確かに、ばっちり、飛んで来ておりますよ~;:゙;`(゚∀゚)`;:゙
慌てて部屋の窓を閉め、リビングで全開になっていた窓も、母に言って締めてもらいました。
ここでワンポイントアドバイス(◎´∀`)ノ
母は花粉症ではないので、「花粉が飛んでいるから~」と言っても、「そんなこと言うても部屋が湿気る!カビが生える!!」と換気命(^-^; ですので、窓を閉めてもらいたいときは、「黄砂が、中国の大気汚染物質が!ヾ(#゚A`)ノ」と言わねばなりません。これならば、健康命の母は、「そりゃ大変!」と締め、外に干している物も早々に中に入れてくれます。
どうすれば相手が動いてくれるのか。なぜ、相手はその説得で動かないのか。相手にとって重要なことは何か。
花粉症で無い人間、アレルギーで無い人間に、辛さを説いても分からないことです。
それよりも、健康のためなら死んでもいい(笑)人間にとって、身に迫る危機は何か。
いや~~母と暮らしていると、勉強になります。
漫然と言うことを聞いている暮らしのほうが楽で、自分の意見を通そうとすると対立して厭な思いもするし、させますが、生きていくうえでの知恵は付いていくなぁ~と、
今日も母と喧嘩しなかったこと、怒られなかったこと、怒鳴らずにすんだ事で
実感いたしました(苦笑)。

Dscn4989_2部屋の模様替えをしたので、色々と新しいものが欲しくなってしまいました。
1枚目のは、おにゅうの掛け布団カバーです。
で、これが敷布団のほう。
Σ( ゜Д゜;)!なぜ統一されていないかといいますと~
デザインで遊べるものが2つあるのなら、2つ選んだほうがいいじゃない☆(・ω・)b
---母に毎度「分裂病」という評価を戴くのは慣れております(笑)。
いいんだも~ん、気に入ってるんだから♪
猫の方はブルー調もあったのですが、レトロ調のほうが可愛いなと、あ・え・て外しました。
え?やっぱ分裂病?
まぁ・・・私しか見ないし~ヽ(´▽`)/
「しまむら」で3割引だったことにも、大変満足しております。やっぱ買うなら、新生活が終わってGWセールでも残っての処分品だね☆と(笑)。
人と趣味がズレている(?)と、お得です(゚ー゚)v
それにしてもこのペンギンちゃん・・・可愛いです~(∇〃)スリスリ
特に小ペンギン! お腹出てるのに・・・下っ腹出てるのに!なにこのラブリーさは!!(≧m≦)
あぁ・・・
(何かをじっと見る。何を見て、かは、自主規制・・(ノ_-。)
タイトルに、なるわけです;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月21日 (火)

棚1つに、飲まず食わずで完全徹夜

棚を作るのに、ではありません。入れるのに、納得いく並びにするのに、7時間半かかりました・・・(;´д`)

Dscn4980一昨日棚が届いて、昨日の午前中に棚を組み立てました。
この手の棚を作るのは初めてだったので、母に協力を仰ぎました。もとい、網戸のときみたいにやってもらおうと狙っていたわけですが~ ←おい
早々に、「自分でやりなさい」と( ̄◆ ̄;)ウッ
狙いが外れて仕方なしに説明書を見始めたわけですが~
( #` ¬´#)外野ウルサイ
慣れている母は「これが横なんじゃない?下はどれ? あぁ、これが上にくるの? 左右あるはずよ、よく見なさい」と、勝手に板を合わせ始めています・・・。私がまだ、パーツが全部揃っているか確認し終わらないうちに・・・。
うちは、指示命令と実行機関が明確に分離され、それで上手くやってきました。
今回は「自分でやりなさい」と、私に指揮権を与えたフリをしておきながら・・・永年司令官殿にイラッ(#`×´)
「今回は、私が、作るんだよねぇ・・・」 ←行間読んでください
と大人気ない発言をしちゃったのですが(ちょち反省)
その後は、母の言うことは無視にならない程度に相槌打って聞き流し(←ここ重要)、喧嘩することも無く作り終えることが出来ました。
司令官は二人も要りません。
私は初心者、説明書に沿って作りたいのです。
作りなれている人間ならではのアドバイスがあるのでしょうが、地雷があることを身に滲みて分かっているので、聞けません。
「だって○○ちゃんが言ったんだもん」
「じゃあ、あなたは○○ちゃんが死ねって言ったら死ぬの」
こういう不条理なことを、小学生の頃教師から言われた経験があります。同じ体験をされた方も、いらっしゃるのではないでしょうか。
うちの母も似たようなことを言います。
言われたとおりにやっても、それで失敗した場合、言われたとおりにするという選択肢を選んだのはあなた、という責任を負わされます。だったら、好きにして失敗したほうがいいです。それなら納得できますもん。
完全に無視すると激高するので(A型って無視されるのが一番腹が立つんですって。屈辱なんだそーです)、いちいち↑の、責任を取らされることになっても自分でも納得できるか否か、正しいと思うか否か、の選択をしつつ、進めていきました。これはアドベンチャーゲームかっ!ヾ(--;)
余談ですが、典型的A型B型同士、合うはずがないのですから、はなから合わせようとしなくていいと思います。それから、別に親と仲良くなくてもいいと思います。別の人間なんですもの、別の考えがあります。子は親の所有物ではないし、親だって子に遠慮する必要も無いし、成人した後は親を卒業したっていいんだし。
ともかく、A型がなんか言う前にやる。言ってても自分のやりたいようにやる、言わなくなるまでやりきる。私の経験上、これが対A型戦のポイントです(笑)。
んでもって、斜視の私はビスの位置を何回も間違えつつ(ほんっと、平行だと思ったら1段ズレてるし、斜めってるだろ( Д) ゚ ゚と思うのに棚を付けたらまっすぐだし;)
1時間ちょっとで見事完成に至りました~!ヽ(´▽`)/
Dscn4981ん?遅すぎ?
初めて作ってみて、いろいろ分かりました。
「螺子の位置は、間違っていたら回らないようになっている」(予め相手の板側に少し穴が開けてある)とか、「螺子は最初から全部締めない」(半分入れてみて、合ってるかどうか見る)とか、「螺子は締め終わったら指で触ってみて、でっぱってないか確認する」とか(^-^;螺子ばっかだなぁ;
勉強になりました。
次は一人で出来そうな幻想すら湧いてきます(笑)。
無視もしましたが
「お母さん、ありがとう」
で〆ました。 (↑言わされた、とゆ~のが真実だったりしますが~((ノ)゚ω(ヾ))

さて、かかったのがその後。
買うときから決めていたのが、「『矢島さん棚』にしよう!!!d(>_< )」ということでした。
『矢島さん棚』なんじゃそりゃ?という自然且つ真っ当な疑問にお答えすると、矢島健一さん関連の物だけを入れて置く棚にしよう、ということです。
ある意味聖域創りですな゚.+:。(・ω・)b゚.+:。
これが時間がかかってかかって・・・(||_ _)/
終業後帰宅して21時半から始めたのですが、23時になり母から「いい加減お風呂に入りなさい」と言われても終わってないから(汗かいちゃうし)入らずやり続け、気が付けば日付が変わり、新聞配達のバイクの音がしても終わる気配が無く、3時20分になり「さすがにこれはやばいぞ・・と思い始めても終わらず、4時が過ぎ~空白んできた5時にやっと!
まぁ・・・これなら・・・いっか(*・・)ノと思える状態になりました。
Dscn4985DVDとか揃って(揃えられて)いないので、お見せするのは恥ずかしいのですが・・・
いちお~こだわったのが、縦ラインです☆
そう!「KAMIKAZE TAXI」
ビデオ版とDVD版と、川崎真弘さんのサントラとを、ぜぇぇったいに揃えたくって!
---え?劇場版のビデオがないじゃないかって?\(;゚∇゚)/
DVDに収録されているのがそれなので・・・いいのです!
実は、入れてみて分かったのですがこの棚、微妙に奥域が足りないのです!
市販の棚って深すぎるじゃないですか。奥まで差し込むと前がだいぶ空いちゃって、もったいないので前にも置くと結局ごちゃごちゃしてしまう・・・という。
そう思ってスリムなのを買ったのですが・・・にしてもスリムすぎました!(スライドの奥の棚は)CDも入らない!∑(゚∇゚|||)
面見せでカッコ良くしていますが、実を言うと、ビデオ以外、縦に入れられないのです(lll゚゚)シマッタ
よって、こうするしかなかったのですが、「KAMIKAZE TAXI」はカッコ良く飾れて、満足しています♪
やっぱこのジャケ、渋い!すたいりっしゅ!(≧∇≦)良いな~~( * ̄▽ ̄)σ" ■
矢島さんファン的には、2のほうは裏面にしておくべきなのでしょうが、寒竹さんがキャァ
(∇〃)。o〇♪ すぎなジャケなので裏返せません!達男の立ち姿もいいんだよなぁ~・・・。
とゆ~わけで、2対1!実戦でも負けてるしな(笑)ごめんなさい、石田さん!!(/□≦*)
で、こうなってます(^-^;
Dscn4990ファイルは、録画した作品です。上にもあって、24枚入りが16冊めに突入。ブルーレイではなく未だにDVDなので、かさんできましたが、これもファンとしての歴史・・・。重みを(実際にも)感じます。
右下は映画のパンフレットたち。「狗神」が見えていますが、今回整理して痛感したことは、変形版パンフレットって困りものだということです。棚に上手く入りません!
縦にしても横にしても出っ張ります。そして、これに合う棚に入れたら今度は他のパンフが奥になりすぎる・・・。
奇しくもそんな持て余しパンフ3TOP中2冊が、原田眞人監督の作品で・・・。棚に入れないわけにはいかないじゃないか~~~(°°;)))アッチヘオキ(((;°°)~コッチヘモッテイキ
「突入せよ!『あさま山荘』事件」も正方形・・・何?面見せ限定?矢島さんじゃないからヤダ ←おい
まぁ、いっちばんo(#゚Д゚)<どーせぇっちゅうんじゃい! は、「笑う警官」のB3サイズ( ゚д゚)ポカーン 入れさせる気、無いでしょ?
A4が定番の中、異彩を放ちまくってます映画と同じく(苦笑)。
潔いで賞をあげたくなったのは「相棒 X DAY」 B5より小さいです。A5の、縦長版?
「狗神」の半分以下の大きさです。
まぁ、大きくても小さくてもパンフは大体¥700なので、大きいほうが得・・・と思うか、コンパクトなほうが良いと思うか。
私は(*ノェノ)キャー「笑う警官」に関しては(*¨) ....ボー でっかいサイズで矢島さんのお写真が見れて(〃∇〃) てれっ☆インタビューもシッカリあって(///o///)ゞ テレテレ大満足なので(*TーT)bグッ!
問題は、無駄なデカパンフなんですが・・・(以下自主規制)
左奥はDVDスペースとし、記念的作品を面見せに選びました。矢島さんのデビュー作、私が矢島さんに一目惚れした作品、映像特典が矢島さん濃度特濃キャッ(/д\*))((*/Д\)キャッ に、DVD化されていない幻の(B級だけど、そのテイストが好い!)ビデオ。
右奥は、CDも入れられないデッドスペース地帯に、光が射すか?!な写真立て地帯にしました。
矢島さんから戴いたお葉書は、私の宝物です。
母にも、「ここにあるものは、私が死んでも捨てないように」と、しつこくしつこくしつっこ~~~く、言いました(# ゚Д゚)<  ( ´,_ゝ`)ハイハイ
あ~~~
見ていると、心が、否、魂が、浄化されます~~~σ ←あ、魂出た;
まだ片側、入れられるものがなくって空の写真立てが置かれています。今度は、愛犬・サンタくんにご挨拶したいものです。(着物絶対似合うと前々から思っていましたが、袴姿(・ω・)bグッ 可愛いだけじゃなくってお利口さんダネ☆)
などなど、物思いにふけったり見たり読んだり並べなおしたり~また手にとったりしていたら、7時間半かかりました;
また手を加えてゆきます。

あ、「ふっ・・・これっぽっち?(嘲りっ)」
とゆ~剛の方は、もしよろしければ掲示板のほうに画像を貼り付けていってくださいませ。
ショーウインドウ見て涎たらす子供よろしく、激しく羨みますので(´ρ`)

さて、こっちの片が付いたので、今度はHPをいい加減更新せねば・・・(;×▽×`A``

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2013年5月10日 (金)

君もまさかこんなの頭に乗せられるとは思わなかったろう

母の日のお祝いを、前倒しで行いました。(私が日曜日は一日仕事なので)

31アイスが大好きな母。初めは31のアイスケーキを食べてみたいと言っていました。が、昨日まで行っていた31%OFFセールでしっかり食べた母は「もういい」と(゚ー゚;
そして代わりに、郵便受けに入っていたチラシを見せつつ「これ頼んでみない?」と言ってきたのはシカゴピザ。(私が住んでいる地域は←ここしか宅配ピザはやってないのです)
宅配ピザを食べたことが無いΣ( ゜Д゜)!母は、半分づつ違う種類が選べることに感心していたので(^-^; 4分の1づつ選べるよ、と教えてあげると、大変に驚いておりました(笑)。
電話口で、生地は厚いのにするかカリカリのにするか、クーポンがあります!持って来てもらう時間は~(〃゚Å゚;)ゝ ゚+:.と、一生懸命伝えている姿は、なんだか「初めてのおつかい」のよう(笑)。
人のプレゼントその1をほったらかしにして(日曜日に開けるそ~です;)
ピザにかぶりつく母( ^ω^)⊃▲
日頃、「カロリーが!コレステロールがΣ(>д<lll)ッ !」と(うるさく)言っている母。
やっぱり、美味しいものはカロリーが高いねぇ~(〃)´艸`)オイシー♪
配達のお兄ちゃんがまたくれたクーポンを見つめ「---15日に(←まで、なのです)もう1回頼まない?」(゚m゚*)
そこまで気に入っていただけて、ようござんした( ̄ー+ ̄)
Dscn4915写真は、母の代理をケロちゃんが務めております。
んでもって、手前の謎の物体(笑)
私からのプレゼントその2です。
世間に踊らされるのが大嫌いな母。 母の日にカーネーションを贈ろうものなら、怒られます(lll゚Д゚)
ですので毎年、母が一番好きな花、カサブランカを贈っていました。が、いっつも同じじゃつまんない(# ̄З ̄)と思うのがB型(ME)
今年は趣向をバックリ変えて、こんな寄せ植え(自作)にしてみました。
|∀・)<毎年自分が欲しい物を貰えると思うなよ!
↑おい!
Dscn4920きゃ~~食べられちゃう!
食虫植物の寄せ植えです。
日本、いや、世界広しといえども、母の日に食虫植物を贈るヤツァそうはいないでしょう。エッヘン<(  ̄^ ̄)ゞ
ちょっとしたレアキャラ気分です(笑)
Dscn4919


まぁいちおう、蚊が1匹、ずーーーっとリビングに居ついていて厭になる・・・と溢していたので、食べてくれればな~というのも、あります(^-^;
紹介すると、背の高いのが「サラセニア」 モンスターっぽいのが「ハエトリソウ」 ふわクルしてるのが「モウセンゴケ」です。
いちお~生け花の基本の三角形(三つの点)を意識して植え込んでみたのですが~
どうでしょう?
ちなみに、サラセニア以外は、春に花を咲かせる、とあります。∑(゚∇゚|||)え?花なんて、食虫植物に咲くの?
母には「あんたが世話しなさい」と言われたので(苦笑)
まぁ、枯らさないよう、ぼちぼち面倒みたいと思います( ̄◆ ̄;)

最後、母に「くれるんなら、旅行券がいい。一緒に旅行に行ってくれる券。1回でいいから・・・」と言われました。物をねだることなどまず!無い母。やや哀願気味に言われたのも“年取ったな~・・・”と感じましたが
行きません!! ←コラ
 
JTB旅行券あげるから友達と行って。
もうねぇ~・・・合わないのよ(||_ _)/
徹頭徹尾、合いません。典型的なA型とB型。
(# ゚Д゚) ムッカー o(`ω´*)oプンスカプンスカ!!
数十年一緒に居て、お互い承知の助だけどさ~も~~~こりごり。
2年前の元旦に、母親卒業宣言をされたので、私も娘卒業宣言をさせて頂きたいです(苦笑)。
---現地集合・現地解散ならいいけどさ~(-ε-) ←おい

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »